●TOP

●CALMS

●もよおし

●これまでのこと

●mail

 

 

●これからのこと

Satoshi Kitamura Bandoneon Solo Live

2017.5.13(土)@PARADE

 

古典タンゴからモダン、現代フォルクローレまでをカヴァーし、
独自の世界観を構築しているバンドネオン奏者北村聡。

 

ライブで初めて聴いたのは、2015年のGuillermo Rizzottoさん岡山公演で
北村さんがゲスト参加された時でした。
その一見クールな表情からは想像できないような艶やかな音や
郷愁感のある音色に胸をえぐられるような感情が押し寄せてきました。

 

タンゴを象徴するような楽器のバンドネオン。
北村さんの奏でる音には狂おしい情熱や深い哀愁、あたたかくも凛とした音が内在しています。
ライブではタンゴ以外にもオリジナル曲、クラシック等も演奏される予定です。
その沸々とたぎる情熱を感じ入っていただきたいと思います。

 

ライブ会場はいつでも心地好いカフェ、PARADEさん。
普段は使われていない奥の元バレエ教室のスペースをお借りします。

* * * * *

北村聡 バンドネオンソロ ライブ
米子公演詳細

2017年5月13日(土)
開場18:30 / 開演19:30
予約:2,500円 / 当日:3,000円

予約方法 :メール予約 calmscenesss@gmail.com (CALMS 齋藤)
①お名前 ②予約人数 ③当日のご連絡先をご明記ください。
◇公演当日ご来場時に、会場受付にて前売り料金でのご精算/ご入場とさせていただきます。

会場:PARADE(米子市昭和町44-6 / 0859-30-2166)

* * * * *

北村聡 (バンドネオン奏者)

奈良県出身。関西大学在学中にバンドネオンに出合い、小松亮太に師事。ブエノスアイレスではフリオ・パネのレッスンを受ける。
カナダ、チリ、アルゼンチン、シンガポール、韓国など世界各国のフェスティバルに出演。11年元ピアソラ五重奏団ピアニスト、パブロ・シーグレルのアジアチームに選抜される。14年東京オペラシティ リサイタルシリーズ「B→C」に出演、意欲的なプログラムに挑戦し好評を得る。
これまでに鈴木大介、菊地成孔、舘野泉、夏木マリ、波多野睦美、中島ノブユキ、川井郁子、EGO-WRAPPIN'、カルロス・アギーレ、リチャード・ストルツマン、いずみシンフォニエッタ大阪等と共演。
NHK「龍馬伝」「八重の桜」「まれ」「あさが来た」、映画「そこのみにて光輝く」はじめ様々なレコーディングに参加、美しい音色と繊細な表現には定評がある。
現在クアトロシエントス、喜多直毅クアルテット、西塔祐三&オルケスタティピカ・パンパ、三枝伸太郎Orquesta de la Esperanza等、数多くの楽団で活躍中。

* * * * *

 

Flyer Photo by Ai Saito.


 

林正樹『Lull』ソロピアノ・ニシガワ・ツアー2017

2017.3.11(土)米子公演 ※終了しました

Saeko Wakabayashi © WAKABAYASHI STUDIO

 

 

 

2016年秋にリリースされた林正樹ピアノソロ作品『Lull』
丁寧に選び抜かれた音数から生まれる静寂
自己の内面と対話するように描かれた音風景を
頭ではなく心と身体で聴くと、自分の中に眠っている感覚と記憶が
ジワジワと呼び覚まされていくよう。
聴くほどにその作品への想いが深まります。

 

ツアー公演では『Lull』を中心に『Pendulum』『TEAL』など
いままでの作品を織り交ぜた演奏によって、
ソロピアノで魅せる美しく叙情的な音の世界を表現します。

 

* * * * *

林正樹『Lull』ソロピアノ・ニシガワ・ツアー2017
米子公演 詳細

2017年3月11日(土)
開場18:30 /開演19:30
予約:3,000円 / 当日:3,500円 (共に1ドリンク別途、全席自由)

予約方法 :メール予約 calmscenesss@gmail.com (CALMS 齋藤)
公演名&公演日・代表者お名前・電話番号・ご人数をご明記のうえお申し込みください。
◇公演当日ご来場時に、会場受付にて前売り料金でのご精算/ご入場とさせていただきます。

会場:ゆう&えんQホール

鳥取県米子市淀江町西原1332-55
(靴を脱いで頂くホールです)

 

* * * * *

林 正樹 (ピアニスト、作編曲家)

1978年東京生まれ。少年期より独学で音楽理論を学び、高校時代にビル・エヴァンスの演奏に衝撃を受けジャズに目覚める。その後、ジャズ・ピアノや作編曲などを習得しながら、佐藤允彦、大徳俊幸、国府弘子らに師事、大学在学時に音楽家としてのキャリアをスタートさせる。これまでに、渡辺貞夫、菊地成孔、椎名林檎、小野リサ、藤本一馬など、多岐にわたるジャンルのアーティストと共演。

多彩な音楽の要素を合わせ持ち、知性と遊び心を持ったソングライティングと繊細な演奏が溶け合った音楽のスタイルは、国内外で高い評価を受けている。近年のオリジナル作品として、ソロ作品『TEAL』(2013)、ベーシスト西嶋徹とのデュオ『El retratador』(2014)、リーダーを務める間を奏でる『doux』(2014)、『Pendulum』(2015)、そして2016年11月にソロ作品『Lull』を発表。これらの作品では、林正樹の演奏に通底する美しい響きをたたえた繊細な音を聴かせ、国籍を感じさせない豊かな音楽性を感じさせる。

 

* * * * *

Lull 3,100円(税込) SPIRA-1111

音の潜在的可能性、内密性、イメージを豊かに変成させる物質的想像力、恣意を排した透明な精神をもって、クラシック、ジャズ、ワールド、アンビエントなどのエレメントが未分化に揺籃する、過去にあらわれることのなかった、未生の音楽の可能性へと遡行する——。コンサートホールにて、現時点での最高音質のフォーマットであるDSD 11.2MHz/1bitによりマルチ・レコーディング。カバーには、彫刻家若林奮の長女で、早世の画家、若林砂絵子の作品を使用。

 

* * * * *

 

 

 

* * * * *

林正樹ピアノソロ ニシガワ ツアー2017 スケジュール

3月 9日 (木) 福岡公演 atパッパライライ
3月10日(金)岡山公演 at 蔭凉寺
3月11日(土)米子公演 atゆう&えんQホール
3月 12日 (日) 大阪公演 at 天満教会

 


 

三月の灯りをつくる。

2017.3.10(金)※終了しました

河合悠さんによるキャンドルワークショップ
「三月の灯りをつくる」を開催します。

お誕生日でもなく、誰かを弔う為でもなく
何気ない日常にやさしいキャンドルの灯を。

河合悠さんの儚いキャンドルは、
静かに物思いにふける夜も、朝寝坊の休日も
暮らしを彩るささやかな幸せに
やさしく寄り添ってくれるのです。
さらに今回、お花を選んでキャンドルをつくるので
またさらに別の愛着ができそうです。

* * * * *

以下、河合悠さんからのご案内です。

「三月の灯りをつくる」

まだ寒さが残る、春待ち遠しい三月。草木の芽がゆっくりと膨らんでいくように、春に向けて開いていてゆくような灯りを作ってみたいと思います。

日々の暮らしの中には様々な景色が散りばめられています。旅の中で出逢う山々の稜線や、夕暮れの空の色や、ときには道端に捨てられてペチャンコになった空き缶ですら、よく目を凝らすと沢山の色の重なりによって成り立っていることに気がつきます。それは日々暮らしとも似ていて、細やかな出来事の積み重ねが、一つの美しいグラデーションとなって、わたしたちの日々を彩っているように 。蝋燭とは灯して初めて完成する暮らしの道具です。

今回のワ―クショップでは、お好きな花を一輪持ってきて頂きたいと思います。

何気なく手に取った一輪の花からイメージを紐解いていけたら、ただ作るだけではなく、日々のささやかな彩りに気がつくきっかけになるかもしれません。花を選ぶところから、もの作りが始まっていると感じて頂けたら嬉しいです。

初めての松江です。みなさまと楽しい会にしたいと思います。

* * * * *

日時 3月10日(金)
時間 Ⅰ部 15:00~17:00 Ⅱ部 19:00~21:00
会場 DOOR 島根県松江市上乃木1丁目22-22
定員 各回5名 合計10名
料金 4,000円(お飲み物付き)
持ち物 エプロン 一輪の花

作成する蝋燭は、直径10㎝×高さ20㎝、通常は5400円で販売しています。
仕上がった蝋燭のお渡しは翌日以降になります。

◆予約 CALMS 齋藤まで
Mail:calmscenesss@gmail.com
tel :090-4052-5202

* * * * *

河合悠 プロフィール

2003年よりキャンドル制作を始める。
灯りとのつながりを求め、各地での場作りを続ける。
陶芸家やガラス作家、金工作家とのコラボレーション作品の展開や各地でのワークショップや個展の他に、haruka nakamura piano ensemble、AOKI'hayato 、ARAKI shin 、Quentin Sirjacq、内田輝、森ゆに、青葉市子、高木正勝、土取利行などの舞台装飾を行っている。
BLOG / http://yukawai.jugem.jp/


 

BEAU PAYSAGE la montagne

木の温もり 大地の優しさ ~冬の水辺の音楽と食事~

2016.12.17-18

 

一杯のワインと共に音楽を聴く。心静かな時間をゆっくり楽しむお食事会。
「BEAU PAYSAGE(ボーペイサージュ/仏語で“美しい風景”)」とは、山梨県北杜市の津金で「自然をそのまま写したワイン造り」をしている岡本英史氏のワイナリー。そこで生まれるワインを音楽で表現するコンピレーション・シリーズの新作ができました。3作目は、メルロー種から造られた「TSUGANE la montagne(ツガネ・ラ・モンターニュ)」をイメージした穏やかで温もりのある音楽。山陰のおおらかな大地に育まれた滋味あふれるお料理と、BEAU PAYSAGE la montagneのワインを、音楽を聴きながら味わっていただきます。選曲はbar buenos airesの吉本宏さんです。

ミニトークショーではresonance musicの吉本宏さん・中正美香さんのお2人に、1曲1曲に物語があるというCDブック制作にまつわるエピソードや、その食べ物が「誰が、どういう考えで、どのようにつくられたのか」を誰でも簡単にわかるようにする「バタフライプロジェクト」のこと等をお話しいただきます。
当日は会場にて、BEAU PAYSAGEのCD BOOKを3種すべて販売いたします。
※ご予約は12/1よりcalmscenesss@gmail.comで承ります。

* * * * *

◆2016年12/17日(土)at DOOR(松江)
太田夏来さんによる『 からだに沁み込む冬のお料理 』
時間:open 12:30 start 13:00(close15:00)
   open 17:30 start 18:00(close20:00)
住所:島根県松江市上乃木1-22-22
料金:ご予約のみ 5,000円(料理とBEAU PAYSAGEのワイン1杯とコーヒー+デザートを含む)
定員:各回15名様
選曲:吉本宏
料理:太田夏来
   フードデザイナー。「食事とこころのバランスを意識すること」を念頭に活動中。
素材の味を生かした料理、地域の食材を使った料理を得意とし、ケータリングや
料理教室、ワークショップ、レシピやメニューの提供などを行っている。natsukiota.tumblr.com
予約:doorst.2134@gmail.com (DOOR 高橋)
   calmscenesss@gmail.com (CALMS 齋藤) 
12/1から受付開始

* * * * *

◆2016年12月18日(日)at HAKUSEN(湯梨浜)
オカズデザインさんによる 『 温かな肉料理とパン 』
時間:open 14:30 start 15:00 (close17:00)
住所:鳥取県東伯郡湯梨浜町旭127-2
料金:ご予約のみ 5,000円(料理とBEAU PAYSAGEのワイン1杯を含む)
HAKUSENさんのコーヒーとデザートを追加でご利用いただけます(別料金)
定員:限定25名様
選曲:吉本宏、石亀政宏(夜長茶廊)
料理:オカズデザイン
吉岡秀治・吉岡知子夫妻による「時間がおいしくしてくれるもの」をテーマに活動する、料理とデザインのチーム。器と料理の店・カモシカを不定期オープン。岡山・蒜山の森と東京を行ったりきたりしています。著書に『マリネ』(主婦と生活社刊)他。www.okaz-design.jp 
予約:calmscenesss@gmail.com (CALMS 齋藤)
12/1から受付開始

《バタフライ・プロジェクト》とは、
『BEAU PAYSAGE』という名のワイナリーを経営し、ブドウ栽培から醸造、瓶詰めまでを"手作業"で行っている岡本英史氏。ある時、ワインをつくる際に行う「補糖」に使われる砂糖が、地球の裏側の貧困や環境破壊に結びついていると知ってショックを受け、生産者として考える大きなきっかけに。バタフライ・プロジェクトは、その食べ物が「誰が、どういう考えで、どのようにつくられたのか」を、誰でも簡単に分かるようにし、「一人ひとりの価値観に合ったモノを選べる社会」を目指す、岡本氏が立ち上げた、食を中心とした活動です。まずは、ひとりひとりが「知る」ことから。
BEAU PAYSAGEコンピレーション・ブック・シリーズ (la montagne / Chardonnay / Pinot Noir)の販売価格の7%は、 バタフライ・プロジェクトの活動資金として使われます。

≪吉本宏≫
suburbiaやCafé Après-midiのプロダクツでの執筆や、usen for Café
Après-midiでの選曲を行い、2010年よ りカルロス・アギーレからつながる繊細な音楽を紹介する選曲会『bar buenos aires』を山本勇樹(Quiet Corner)と河野洋志とともに主宰。
2015年にresonance musicを中正美香とともにスタート。

≪中正美香≫
約15年『Hanako WEST』でフリー編集としてたずさわった後、dacapo
webmagazine音楽担当となり数多くの音楽家と音楽関係者と交流。書籍『クワイエット・コーナー』やCD『bar buenos aires-flor-』の表紙写真を撮影。

illustration nishi shuku 
presents by CALMS 
anchor yonagasarou